コンサル系と総研系で5社、IT業界3社、マスコミ2社、商社2社その他合計で内定20社の実績で、就活のアドバイス!!リンクフリーです。


by koh_30may

面接で失敗しない方法5

面接で緊張しないようになるにはどうしたらいいかという話の続きね。

何で5日間かと言うと、そのときに某コンサルのジョブに参加してたんだ。
ジョブ知らない人はいないと思うけど、一応説明すると、バイトのような扱いで数日仕事を手伝いつつ、能力を細かくチェックされるの。
そこのコンサルはメンターというかチューターみたいな感じで、学生一人ひとりに先輩コンサルがゆるーくだけど相談役というか担当がつく仕組みだった。

んで、僕の先輩は若いけどかなり優秀な人だったみたい。そして、冗談ばっかり言っていて、ちょっと変態。
「あのね、kohくん。ジョブの最中って、リサーチみたいな作業とかデータまとめたりする作業とかあるけど、ディスカッションとかプレゼンとかもあるんよ。あと、セクレタリの子達とお茶したりとか、合コンの約束したりとかね。」

「はい。」

「んで。一応、僕が君の担当してるけど、ヒントはあげるけど、手取り足取りなんかしないから。ヒントからひらめくかとか、ちょっと教えたことをどれだけ吸収するかとかが、重要なわけ。分かる?」

「はい。」

といった、やりとりのあとで、5日間ずーっと笑顔(微笑)で、怒ったり、悩んだりした表情を見せないという修行が加えられた。

「これの意味はそのうち分かるよ。はっははは。」

笑顔でい続けることは、苦痛。もんのすごく大変。
真剣に作業していたり、話し合いに夢中になっていると、顔はどうしても険しくなる。
で、テーブルの下で先輩からかるーく蹴られる。「モテナイヨ。ソンナンジャ。」と囁かれながら。
ほっぺたが引きつりそうになった。
顔面神経痛になるんじゃないのかというくらい。

意味あるのかよ?、っと思いながら、続けていた4日目くらいにジョブの参加者同士のディベートがあった。
はっきりいって、皆頭の回転はすごい良い連中ばかり。
圧倒されたことも、この数日間何度もあった。
でも、今日はなぜか違った。
僕の意見がすんなり受け入れられていく。他の者の意見が自滅していく。
「なんで?こんな上手くいくの?」っと疑問に思いながら、僕はかなりできよく終えた。

すると、先輩が声をかけてくれた。「kohくん、良かったよ、今日は。」

「なんか、上手くいきました。」

「何で上手くいったかわかる? ・・・君が余裕のある表情をしていたから、皆が圧倒されちゃったのよ。」

「はあ。」

「論理的には、実は君の案は漏れが2つほどあったけど、みんなメリットに目がいっちゃったね。まあ、これが余裕のある表情の効力よ。」

「はい。今までよりも、相手の意見を冷静に聞けたような気がします。余裕がもってて、話の全体が理解できたような気がします。」

「でしょ。君の案の痛いところ突かれても、冷静に対応していたからね。大事なのは、2つあるの。正しいということと、周囲の人々に正しそうに見えるということ。」

「なんとなく分かりました。」

「よし。でも、論理的な分析の仕方はまだまだだから、自分で勉強していてね。さて。それで、来週の土曜だけど、・・・kohくんの知り合いの可愛い大学生の女の子と踊りにでも行こうか。なるべく、Hっぽい子がいいなー。服装からして、淫乱って感じだと最高だねー。あんまり純な子は駄目ね。あとあとめんどくさいから!ああ、とうぜんだけど、会社の人には内緒ね。んで、7時くらいからだと・・・」

ほんと、変態・・・

人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-02-09 10:21 | 就活