コンサル系と総研系で5社、IT業界3社、マスコミ2社、商社2社その他合計で内定20社の実績で、就活のアドバイス!!リンクフリーです。


by koh_30may

<   2005年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

就活でナンパする方法!

まあ、就活したことあるなら分かると思うけど、ナンパの絶好の機会。
しかも、今まで会えなかったような子と会えます。
普通はサークルとかの延長線上で知り合う程度じゃない。あとは、バイト先の延長で知り合うとか。
でも、就活だと全然違う大学の、全然趣味とかやってるスポーツとか違う子と知り合える。
しかも、共通の目的があるわけだから、話が合うし。
超面白かった。

んで、実は1年のときから学年ごまかして就活していたが、自分は余裕で面接とかやっていたから、集団面接の時とかグループディスカッションの時とか堂々としていた。
だから、女の子とかにも「どうやったら、あなたみたいに上手に面接で答えられるの?教えて。」とか言われて、仲良くなった。一種尊敬されてたんだろうね。
「今度うちにおいでよ。面接の答え方教えてあげる。」なんぞと言いながら、連れ込んで、「手篭め」にしたり・・・


おまけに、筆記も圧倒的に成績いいし。
そりゃそうだよね。大学はいったばかりだから、勉強全部覚えてるもん。しかも、塾講師やってたし。逆に、3年とか4年になると「なんでそんなに忘れちゃうの?」ってくらい、みんな勉強忘れてる。酒の飲みすぎなんじゃないかと真剣に疑ったよ。
まあ、女の子が「筆記試験だめなの・・・特に数学が・・・確率とか本読んでも全然思い出せないし・・・」とか言って来る。
「確率って数学じゃなくて、小学校の算数だよ!」っと突っ込みたいのを必死に押さえて、「大丈夫。今度の夜、うちおいでよ。塾講師やってるから、テキスト揃ってるから、教えてあげる」
なんぞと言いながら、連れ込んで、「手篭め」にしたり・・・

1年のときに3年の女の子と3人ほど、2年の時には別の4年の女の子4人と仲良くなりました。
ただし、別の大学の子ばかりね・・・さすがに、1年とばれるとやばいかなーと思い、一番長い子で半年くらいでした。

いまだに、惜しい子としたなーと思ったのは、全然キャンパス違う同じ大学の子。
一番好みだった。でも、サークルがかなり似通ってたんだよね。バレル確率50%くらい。
結局、何もせず(いや、チューくらいはしたような記憶があるかも・・・いや、もうちょっとなんかすごいことした記憶があるかも・・・でも、絶対に最後まではしてないんだよなぁ・・・ふー)、2回飲みにいっただけで、連絡しないようにしました。
携帯には向こうから何度かかかってきたけど、とらないようにした。
たまーにサークルの関係でそっちのキャンパス行ったときに、すれ違いそうになると、遠目から見つけて、横に曲がって隠れてました。

教訓:同じ大学の子はやばいです!


人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-31 16:56 | 就活
さて、「就活はナンパだと考えナ。確率論だよ。」ってことを書いた。
これを実践したから、自分は20社内定取れた。
ということは、具体的にどうしたかと言うと、物凄いたくさんの企業にエントリーした。
ぶっちゃけ、人の5倍は企業と接触したと思う。
しかも、早かった。



僕が1年のとき、サークルのある4年の先輩(T先輩にしとくか)が「おまえら早めに就活しとけ。どうせ、わかりゃしないんだから、2年とか1年の時から3・4年に混じって会社説明会とか参加してみ。ばれる前にばっくれればいいんだから。」とかなり真剣に言っていた。
まわりに30人くらい1・2年はいたと思うけど、みんな聞き流していた。



で、僕は本気にその先輩の話を実践した。
本当にやってのは、30名の中で僕だけで。そりゃそうか・・・
1年の冬に3年の先輩たちに混ざって、スーツ着て、会社説明会に参加した。
最初は某有名メーカーだったかと記憶してます。違ったかな?
まあ、1年で就活すると面白かった。
あれよあれよと言う間に、筆記通って、面接まで進んじゃいました。
正直言って緊張しません。
だって、本気の就活じゃないんだから。
気楽~にリラックスして面接できました。かなり、度胸があるように見えたんでしょうね。
面接通ってしまいました!
困ったのはゼミの研究内容ですが、4年のT先輩とそっくり同じにしちゃいました。

T先輩も自分の言ってことを素直に聞いて、就活してる僕がえらい気に入ったらしいです。
んで、先輩から就活本から何から貰いましたし、アドバイスも貰いましたし、今T先輩がゼミで勉強してる内容とかも全部教えてもらいました。

で、そんなことをしてるうちにとうとう最終面接まで残っちゃった。
さすがに、内定が出るのはやばいと思って、最終面接受けた次の日に断りの電話をしました。
「教授からアメリカへの留学をすべて奨学金でしてくれると言う話が出て、それを受けることにしました。」って、確か言ったと思います。じゃあ、しょうがないなということで許してもらえました。

その後も就活を20社くらい1年生のうちにしちゃった。
スーツで大学に行くのは「バイトでスーツ着用なんだ」とまわりには言っておいた。知ってるのは3年の一部だけ。
まあ、これ半分本当で、塾講師と家庭教師のバイトだった。
でも、スーツでも私服でも良かった。でも、スーツの方が受けが良かったんで、そのまんまスーツで通しておいた。




人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-30 11:32 | 就活
ちょっと、自己分析から離れます。
後輩で就活が怖いというすっとこどっこいがいたので、全体的な話を一つ。
要するに、試験にしろ、面接にしろ、落ちるのが嫌なんだって。
自分を否定されるみたいで。
就活は未経験だし。

こういう風に考えましょう。

就活はナンパと同じ!

確率論で考えればいいの。

ナンパするのに100%なんて奴はいないでしょ。キム拓でもなけりゃさぁ。
いや、世の中にはキム拓嫌いって子もいるしね。
「180センチなければ、お金持っていても、ジャニーズ系でも、嫌!」って子もいる。
逆に「背の高い人は怖い。165センチくらいの男性が好き。」って子もいる。

ナンパって成功率1割で充分でしょ。10回声かければ、1回は上手くいくんだから。
もっと低くてもいいくらいだよ。
10人に声かけるのって、1時間かかんないだろ。

就活も同じ。10回のうち1回上手くいけばいいの。20回に1回でもいい。30回に1回でもいい。
自分を気に入ってくれる子は必ずいるから。気に入ってくれる会社も必ずある。
でも、声かけないと何にも始まらない。
別に断られても、好みじゃなかっただけのこと。彼氏とかがすでにいただけのこと。
自分の価値が否定されたわけじゃない。

就活も同じ。面接で落とされても、全否定されたわけじゃない。合わなかっただけのこと。

まずは、ガンガン声かけよう!

就活怖いとか言ってる人はナンパしなさい!その方が度胸つくし、就活の極意が身につくよ。
200人くらいをめどに声かけろ。200人と成功して、お茶しろとかHしろとかは言いません。
ただたんに声かけるの200名でいいから。

ただし、大学のそばでやるのはヤメロヨ。友達から変な目で見られるから。
大学のエリアから離れたところでナンパしろ。
Clubでもよし。



人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-30 11:05 | 就活
就活本とか就職コンサルタントとか称する人達が、自己分析が必要だと言う3つ目・4つ目の理由は、

③どんな会社に入りたいのかを見つけるため
④どんな仕事が向いているかを見つけるため

です。
正直言って、自分はどんな仕事が向いてるとか、どんな仕事がしたいというのははっきりしてました。
むしろ、いい歳して、「何がしたいのか分からないー」という人が信じられない方でした。
でも、いっぱいいたんですよ、そういう人が。

なぜ、自分ははっきりしてたんでしょうか。
たぶん、昔から自分の好きなジャンルの本を読んでいたり、年上の人から仕事の話とか聞いていたりしたからじゃないでしょうか。ビジネス誌とか昔から読んでいましたからね。

自己分析に頼る人の特徴は、ビジネス誌とかビジネス書とかを読んだ経験が無いと言うことのような気がします。
世の中に、どういう仕事があり、どんな内容か、どういうふうにビジネスは動いているのかということを知らないからではないでしょうか。

自分の親と仕事の話をしたことがないというのも、自己分析に頼る人の特徴のような気がします。

人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-29 09:45 | 就活
>つづきはまた明日・・・
と言って、間が開いちゃいました。
たいていの就活本とか就職コンサルタントとか称する人達は、「就職活動は自己分析から始まる!自己分析が一番大事!」と言ってます。
少なくとも、僕はそうじゃなかった。
自己分析なんて一切しなかった。

で、まずは通常の就活本が「自己分析をなぜ必要だと言ってるか」ですが、その理由の第一は、①自己PRのため、②志望動機を作るため、と書いています。実はこの2つはおんなじことなんですよ。
自分の長所は何であるかを明らかにして、その長所を生かして御社でこんな仕事がしたいから志望した、と言うのが自己PRであり志望動機。

でも、本当にこれでいいの?

自己分析の結果、その企業が求めてもいない能力が長所ということになった場合、どうなるのか?
その企業が必要としない能力を、自分の長所として押し売りすることになる。
それは当然、落ちるよね。

そんなことよりも、その企業の研究をして、その会社の採用基準を予測することの方が大事だと思う。


人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-28 09:06 | 就活
自己分析をする人、自己分析を進める人が多いけど、自分としてはあんまり時間使う必要ないと思う。
もっとも、自分は「何がしたい」っていうのが最初からはっきりしてたからかもしれない。
でも、自己分析に時間をかけすぎてる人が余りにも多い気がする。
時間をかけすぎるのは、はっきり言って大問題だと思うよ。
だって、就活って時間との勝負なんだから。

みなさん、自己分析って何のためするのか、一度考えてみてください。
んでもって、①から⑤のどれに自分は該当するか書き込んでみてくださいな。

①自己PRのため?
②志望動機を作るため?
③どんな会社に入りたいのかを見つけるため?
④どんな仕事が向いているかを見つけるため?
⑤それ以外。

つづきはまた明日・・・
ああ、あと、「⑤それ以外。」を選んだ人は具体的な内容をぜひ書き込んでみてください。

人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-26 21:24 | 就活
フジテレビのWebテストはもう受けたか?
今日はフジテレビの情報を一発。
性格テストをどうやってつけたらいいんだろうと悩むよね。
実はその悩みを解決する本がある。

「GAB」「CAB」驚異のマル秘テクニック」(ヒューマンリソーシズラボラトリー著 高橋書店)のP156~159に「採用基準の予測の仕方」と箇所があるんだけど、ここにテレビ局の例が出ている。実はこれがフジテレビの昨年度の採用ページをほぼそのまんま載せたもので、かなり精度の高い採用基準らしい。
これは実は別の大学の知り合いから教えてもらった情報です。
彼はフジに入社予定の者なので、まず間違いないと思う。

人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-25 19:18 | 就活
「『面接の達人』ってどうなんですか?」という質問を後輩がしてきた。
んで、一言。
「『先輩の格言』というところだけ毎年更新されてる。そして、その『先輩の格言』という箇所は役に立たないことしか書かれていない。ゆえに、定価で新品を買う必要は無い。古本で充分だ。」
以上です。
就職本は毎年内容同じなのに、表紙だけ新しくしてるものが大半です。
無駄金を使わんように気をつけようね。
『面接の達人』自体は悪い本ではない。
使えない部分も多いけど、「自己PRと志望動機が大切だぞ」という趣旨は賛同できる。

人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-25 12:58
フジテレビやテレビ東京がWebテストをスタートさせたね。
後輩が受けてるのを僕も後ろから見ました。
あれは「玉手箱」というSHLのテストです。
性格とどういう職場環境で意欲が出るかを調べるものです。
尺度と質問文と攻略法は、SPIノートの会が書いている「8割が落とされる Webテスト完全突破法
に詳しく載っているので、この本を読めば良いでしょう。

テレビ東京は簡易版で、フジテレビは複雑な版でした。
このSHLの性格検査の複雑な方式は正直なれていないと難しいです。
しっかり、攻略法をマスターしましょう。

人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-24 17:00 | 就活
ちゃんさんから
”「筆記試験の完全再現」という対策本にGABやCAB、CAB2、IMAGESなどの本物のテストの正解が掲載されていたのですが、信憑性はあるのでしょうか?”
というコメントをもらって、レスにも書いたんだけど結構インパクトあることなので日記にも書いときます。
「筆記試験の完全再現」という筆記対策本に掲載されていたテストの正解は、本当に本物。
CABが苦手で筆記をなかなかパスできなかった自分の友達が、この本にあった答えをそのまま手にメモしていって、機械的にそのとおり答えたら2社から内定をもらったという嘘みたいな本当の話です。おまけに、内定もらった会社の人に、あとから点数が高かったと褒められたとか。
もともと、この本にあった正解の元ネタは2ちゃんねるで暴露されていたらしい。「筆記試験の完全再現」は自分も持っていて、この情報ももちろん読んでいたんだけど、眉唾だった。
この友達の件で、「筆記試験の完全再現」のすごさを見直した感じで、それ以降はほかの問題集はほとんど見なかったほど。ほかにも色々「この本がいい」とか言われて買いこんだ本があったんだけどね。
いい機会なので、就活の最初から最後まで自分が頼った筆記対策本の最強の組み合わせを書いておきます。この三冊だけは自信をもって薦められます。断言。

筆記試験の完全再現
この業界・企業でこの採用テストが使われている!
8割が落とされる Webテスト完全突破法


人気blogランキング
↑参考になったと思ったらクリックお願いします
[PR]
by koh_30may | 2005-01-20 00:39 | 就活